顧客獲得コストを計算していますか

顧客獲得コストは利益を出す重要な数字

どのようなビジネスにおいても、利益を出す為に絶対に把握していなければならない重要な数字があります。それが、顧客獲得コスト(Cost Par Order)です。

非常に重要な数字でありながら、これを意識している小さな会社は極めて少ないのです。

顧客獲得コストとは

顧客獲得コストとは、簡単にいうと、「一人のお客様を新しく獲得するのにかかる費用」です。その中でも、「新規客」に限定したものを「新規顧客獲得コスト」と言います。

ここで言うところの、新規顧客とは、新規の購入者です。見込客ではありません。ここは間違えないでおいてください。

例えば、チラシを1万枚配って、10人の新規購入顧客を獲得できたとします。この時のコストが、10万円かかったとすると、10万円÷10人=1万円となります。つまり、この時の新規顧客獲得コストは、1万円ということになります。とても簡単な計算ですね。

では、あなたの会社やお店の新規顧客獲得コストはどれくらいでしょうか?

もちろん、使用する広告や媒体によっても、全く変わってきますので、まずは計算してみてください。

仮に、一年間で新規客獲得のために使った広告費を、1年間に獲得できた新規客数で割れば、1年間の平均新規顧客獲得コストを出すことができます。このコストが、はたしてあなたのビジネスに見合っているかどうかを検証してみることです。

利益幅が少ないのに、顧客獲得コストが高いとお客さんが増えれば増えるほど、経営が苦しくなってしまいます。多くの場合、この顧客獲得コストを把握しないまま、販促などを行っている場合が非常に多いのです。

顧客獲得コストで比較する

例えば、新しい看板を作るとします。仮に、その看板の設置費用が100万円だとすると、大抵の場合、「100万円は、高いな~」となんとなく思うわけです。

では、この新しい看板を5年間使うとします。これを、月々に換算すると1ヶ月のコストは、約16,600円となります。仮に平均購入単価が1万円で、粗利益が30%であれば、一人当たりの利益が3000円ですから、毎月5~6人の新規客が看板を見て入ってくれば、ほぼトントンになるのです。

例えば、新しい看板を作るとします。仮に、その看板の設置費用が100万円だとすると、大抵の場合、「100万円は、高いな~」となんとなく思うわけです。

では、この新しい看板を5年間使うとします。これを、月々に換算すると1ヶ月のコストは、約16,600円となります。仮に平均購入単価が1万円で、粗利益が30%であれば、一人当たりの利益が3000円ですから、毎月5~6人の新規客が看板を見て入ってくれば、ほぼトントンになるのです。

画像②

ところが、この100万円が高いからと言って、10万円のみすぼらしい看板にして、たとえ金額を抑えたとしても、それでお客さんが増えなければ、無駄なお金を使ったということになります。

これは、全ての広告物に言えることです。

重要な事は、そのコストでどれだけ新しくお客を獲得できるのか?
そして、そのコストがあなたのビジネスに見合っているかを把握しておくことが重要なのです。

ネット集客は意外にコストがかかる

最近では、ホームページやSNSからの集客を計画する小さな会社も増えています。しかし、実際にはオンラインでの集客は想像以上にコストがかかるものです。

30万円で最初にホームページを作っても、その後の管理費が月1万かかるとするならば、5年でトータル90万円になります。先程の看板の例とほとんど変わらないのです。そして、重要なのは、これでどれだけ新規客を獲得することができるかです。

リアルとネット、どちらが実際に効果があるかは、顧客獲得コストを比較して見なければわからないのです。私たちは、つい思い込みで、新しいもののほうが効果があると勝手に思い込んでいますが、実際に比較してみると、反対であることも多くあるのです。

こうした販促に関する部分は、顧客獲得コストで比較する癖をつけていってください。そうすることで、初めて利益が出せるような経営体質となっていきますから。

関連記事

  1. 経営の目的は長期的に利益を上げること

    儲かる会社の特徴

  2. フロー経営の鍵は『小さな会社』にある

    やりがいのある仕事は会社にフロー状態をもたらす

  3. 短期(3ヶ月~1年)中期(3~5年)長期(10年)

    長期・中期・短期の目標を設定する

  4. 12月は人生や経営の計画を立てる月

    小さな会社の経営者が12月にやるべきこと

  5. 最も重要な数字は顧客生涯価値

    顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

  6. 「段取り八分」で「戦わずして勝つ」

    経営を偶然に任せてはいけない