小さな会社の社長にとって大切なものは仕事への覚悟

愚痴が出始めたら仕事を変える潮時

小規模事業の経営者にとって最も大切なことは、仕事に対する覚悟だと私は思っています。

覚悟というのは、その仕事に対して全身全霊を投じるということです。
これができていないと、どんな会社であっても繁盛することはありません。

いい加減な気持ちは、顧客にそれを見抜かれてしまうのです。

覚悟が持てないなら仕事を変える

もし、あなたが今の会社や仕事に対して覚悟が持てないならば、さっさと、仕事を変えてしまうことです。

そして、全身全霊を投じることのできる仕事を、見つけてすることです。

これは、昔に邱永漢氏に相談した時に言われたことなのですが、

「その仕事の愚痴が出るようになったら
 その仕事は潮時だよ。
 そうなったら、仕事を変えたほうがいい」

こういったアドバイスをいただきました。

この時は、飲食店をやっていたのですが、この言葉をきっかけに、私は、仕事を変えることにしました。
仕事の愚痴が出るときは、やはり、その仕事を変える時期に来ています。

愚痴が出るのは一生懸命ではない

愚痴が出る時は、一生懸命になれていない証拠なのです。

どのような仕事であれ、成功するためには、全身全霊をかけて取り組む必要があります。それができなくなっているのであれば、それは、変えなければいけないタイミングなのです。

私がよく、好きな事を仕事にしたほうがいいという話をするのも、好きな事だから、全身全霊で打ち込めるからです。だから、寝食を忘れて、取り組むことができないようになったら、他の仕事に変えたほうがいいのです。

しかし、お店をやっていたり、社員を雇って会社をやっていたりすると、なかなか、簡単に変えることができません。

愚痴が出始めたら辞める潮時

仕事を変えるタイミングは、全身全霊で取り組めなってきた時、つまり愚痴が出だした時です。

潮時だと思ったら、まず変えることを決断し、徐々に、その方向へと動かしてください。これを急激にやると、転覆します。

会社の経営は船の操縦に似ています。
進む方向は、徐々にしか変えられません。
いきなり舵を大きく切ってしまうと、回りきれずに転覆してしまうのです。

どのような会社やお店であっても、必ず変わらなければならないタイミングが来ます。
永遠に同じ状態ということは、絶対にありえないのです。

しかし、誰もが、今やっていることを変えたくなくて、そこで、また余計に苦しむことになるのです。

もしあなたが、仕事の愚痴がつい口に出るようであれば、もう変えるべき時期にきているのかもしれません。

関連記事

  1. 喜びを提供することでお金を受け取る

    ビジネスの本質とは何か?

  2. どこかへ消えてしまった「ご恩と奉公」

    人生の目的からビジネスを創造する

  3. 大きく変わったお客さんの購買行動

    品揃えや価格では顧客は動かない

  4. 損得より先に善悪を考えよう

    小さな会社は損得より先に善悪を考えよう

  5. 社長の人間関係が会社の運を決める

    小さな会社は社長の運気が業績を左右する

  6. 新しい商品の開発は本当に必要か

    無理にイノベーションを起こさない