小さな会社の経営を軌道に乗せる方法

穴の開いたバケツでは水は汲めない

小さな会社を繁盛させようと思うなら、マーケティングとイノベーション、そして、経営戦略を常に意識していくことです。

しかし、ほとんどの場合、この3つを意識している経営者がいません。

だからこそ、あなたが会社を繁盛させようと思うならば、「マーケティング」と「イノベーション」そして、「経営戦略」こそが、考えるべき3つのポイントになるのです。

最適化にまず取り組むこと

これは、私がコンサルティングをする時に、クライアントに最初にお話しする内容です。

しかし、この話をすると必ずといっていいほど「イノベーション」、つまり変革に、最初に取り組もうとします。

これは、大きな間違いです。

「イノベーション」に取り掛かる前に、「最適化」を行っておかないと意味がないのです。

最適化とは、既存のプロセスを最大限に機能させることです。

簡単にいえば、最小の投資で最大の収益を生み出すことです。最適化をせずにイノベーションを行うと、経費のみが増大していき会社は傾いてしまいます。

穴の開いたバケツやザルでは、水は汲めないものです。まずは、ちゃんと水が汲めるようにしなければ先に進めないのです。

最初にイノベーションは失敗する

では、なぜ、経営者は「イノベーション」を好むのでしょうか?

コンサルティングを受けようと思ったり、経営塾に参加したりする動機は、商売がうまくいっていないからです。
自分の思ったように、業績が上がっていないから、何かの救いを求めて参加する人がほとんどです。もちろんこれは、悪い事ではありません。何もしなければ、悪くなっていく一方です。

しかし、何かの救いを求めてしまうから、つい、一発逆転できるものがないかとか、なにか、とんでもないノウハウが無いかと探し求めてしまうのです。

では、なぜ、経営者は「イノベーション」を好むのでしょうか?

コンサルティングを受けようと思ったり、経営塾に参加したりする動機は、商売がうまくいっていないからです。
自分の思ったように、業績が上がっていないから、何かの救いを求めて参加する人がほとんどです。もちろんこれは、悪い事ではありません。何もしなければ、悪くなっていく一方です。

しかし、何かの救いを求めてしまうから、つい、一発逆転できるものがないかとか、なにか、とんでもないノウハウが無いかと探し求めてしまうのです。

最小の投資で最大の利益を出す

だからまず、今できる最小の投資で、最大の利益を出すようにするのです。

ここでの投資とは、時間やリスク、そしてお金を含みます。

最適化するには、まず会社の収益システムに関係するすべての活動が、どの程度効果を発揮しているかを把握する必要があります。

そして、それぞれが、十分に発揮していない場合には、改善したり、それを別のものに置き換えていきます。

さらに、効果を発揮していたなら、その効果を最大化していきます。
これが最適化ということです。

私のコンサルティングは、最初にあなたの行っている事業活動のパフォーマンスをとことん向上させます。

この段階で、あなたの抱えているビジネスの問題はたいてい解決しています。こうして資金体力をつけた上で、はじめて、イノベーションに取り組むのです。

これが、小さな会社の経営を軌道に乗せるための方法なのです。

関連記事

  1. それは本当に社長の仕事ですか?

    社長の仕事はできていますか

  2. 業績が悪いのは景気ではなく社長の責任

    業績が悪いのは景気のせいではなく社長の責任である

  3. オンラインマーケティングを集中的に学ぶ

    小さな会社の社長はオンラインマーケティングを勉強しよう

  4. 社長の仕事を誰かに任せてはいけない

    社長と経営者の違い

  5. 社長が勉強しなければ会社は潰れる

    小さな会社の社長に必要な資質は勉強熱心さと人間性

  6. 思いついたアイディアは必ず書き留める

    売れるアイディアの生み出し方